まさか20代前半に薄毛になってしまい育毛を頑張ってみました

私は割とストレスを抱えやすい性格でした。
ですので、社会人になってからは人間関係のことなどでストレスを抱えていました。
そんな風に生活していますと、シャワーを浴びるときよく髪が抜けてしまいました。
まだ20代前半でしたが、抜け毛が止まらずにM字脱毛になってしまいました。
初対面の人などにもよく年齢より上に見られることが多かったり、やはり異性に消極的になったりしてしまいました。
薄毛治療専門のクリニックもあるみたいでしたが、私には少し高額で安く治療できる方法はないかと思いました。

薄毛の写真
そこでネットで育毛のことを調べました。

薄毛抜け毛改善対策情報センター
唐辛子に含まれているカプサイシンと豆腐などに含まれているイソフラボンがいいと書いてあったので試したりしました。
また亜鉛も摂取したほうが良いと書かれていましたので、ドラッグストアーで買って飲んでいました。
さらにミノキシジルという成分が含まれたリアップはとてもよくきくと書かれていましたので、リアップも買って使用し始めました。このように私はネットに書かれている育毛方法をいろいろ試して毎日を送りました。
すると抜け毛が減っていくのが実感できました。
さらに半年ほど育毛生活を送っていますと、M字脱毛の部分から髪が生えて無事育毛に成功しました。
今は30代ですが、年より若く見られて育毛してよかったです。

続きを読む

塗るタイプの育毛剤で薄毛対策を始めました。

最近起きた時に枕元に抜け毛がたくさん落ちているのがすごく気になるようになってきました。抜け毛が増えてくると薄毛になってしまう可能性も高いのでそろそろ薄毛対策をしておかないといけないと思うようになりました。

薄毛対策の定番といえば育毛剤なのですが塗るタイプとタブレットのどちらにしようか迷っていました。最初は塗るタイプの方に少し抵抗を感じていました。私 はアレルギー体質で皮膚が弱いので育毛剤を頭皮に塗った時に炎症が起こってしまうのではないかという心配がありました。そのためタブレットにしようと思っ ていました。
http://www.ikumo-portal.com/
しかしタブレットは副作用が出やすいという話でした。特に髪の毛以外の体毛が濃くなってしまうというのでさすがに抵抗はありました。体毛が濃くなってしまうと特に女性には嫌われてしまうのでタブレットにするのは辞めました。

塗るタイプの育毛剤に関して濃度の強いものから弱いものまであるという事でした。薄毛自体は進行しているわけではないので濃度の弱い方なら大丈夫だと思っ て塗るタイプの育毛剤で薄毛対策をする事にしました。入浴後に頭皮に育毛剤を塗って頭皮マッサージをするようにしてみました。育毛剤の成分で頭皮に炎症も 起こる事がありませんでしたのでとりあえずこの方法で続けていく予定です。

続きを読む

薄毛に悩んでいた。

30代に入り少しづつ抜け毛が増えはじめ、また髪の質も変わり細くなりました。
数年前にバセドウ病を発症し、病気は薬物療法で改善しているのです が、お薬のせいなのか、病気のせいなのか、はたまた年齢的なホルモンバランスのせいなのか、抜け毛が一気に酷くなり、お風呂で髪を洗うと排水溝が詰まりそ うな勢いで抜けるので怖くなりました。薄毛は特におでこの、こめかみ辺りが酷く目立ちはじめていました。
その時、美容院で前髪を多くつくってもらったり目立たないように色々工夫してくださったのですごくありがたかったのを覚えています。
30 代で薄毛はやはりとても恥ずかしいですし、老けてみえてしまいます。薄毛を改善しようと色々調べたりもしましたが、最終的には、早寝早起きの睡眠時間を しっかりとることや、できるだけバランスのとれた食事と生活習慣を良くするところに行きついたのと、シャンプーを地肌に良いものに変えました。
それにつけくわえて、ストレスをためないようにリラックスすること、気がついた時に地肌のマッサージをしたりもしていました。
しばらくすると、髪の生え際から短い毛が沢山出てきているのに気付きました。
やっぱり体は正直で、少しでも気にかけて労わればこたえてくれると思います。

続きを読む

女性の薄毛注意点

日本人は髪の毛が平均約10万本あり、ナチュラルな状況でも1日に50から100本毛が抜け落ちています。1本1本は2から6年かけて育毛し、それ以降、 2から3週間の後退期、3から4カ月の休止期という周期を反復し、もえ変転して行きます。加齢と同時に惹起するヘアの変動は回避できませんが、ヘアの周期 が崩れたり性急過ぎる薄毛に結びつきます。

女性は40から60歳くらいから先端部がO型に薄っぺらくなり地肌が白くすいて見える「女性型脱毛」になりやすいです。「女性の男性型脱毛」とも言われますが、男性ホルモンのインフルエンスで薄毛になる女性はそんなに多くはないようです。

慶 応義塾大学の大山学准教授は「女性のボディは女性ホルモンのインフルエンスによる体の具合のユニットルズムなどがあり男性よりもハードです。見た目は同様 の薄毛であっても、詳しく言うと複数の薄くなる定型があり、いくつかの種類がブレンドしているポテンシャルがある」と語っています。また、女性はヘアスタ イルによりインプレッションがかなり変化し、属人的に「適当量」と思う毛量が異なるせいで、部別も困難です。

薄毛

このため女性の薄毛には、男 性ホルモンの効能を抑制するフィナステライドという構成物を含有する飲み薬「プロペシア」(商品名)は適応外です。また、血流を良好にし毛のプログレスを 促進する構成物のロゲインを含有する塗り薬「リアップ」(同)は女性にも効果があることが見定められています。日本皮膚科学会もテンプレでイチオシしてい ます。効能にはギャップがありますが、薄毛が心配だったらトライしてみることも妙手です。

ただし、ヘアは月に1cmほどしか伸びないの で、薬の効能を痛感しづらいです。坪井教授は「最低6ヶ月、もし可能ならば1年間継続してみてもらいたい」と勧めています。薬を使用する前と使用中のヘア の様態をカメラで筆録すれば、変動が判明しやすいです。塗り薬に含有されているアルコールで頭部の肌がドライ化し、痒みを生じている人は、ハンドクリーム を塗布することによって緩和できます。

続きを読む

冷え性や肩や首の凝りによる薄毛の防止対策

女性の抜け毛・薄毛の誘因は多種多様ですが、体質による発症もありがちのようです。

格段、頭部への血の巡りが惹起してしまう冷え性や肩や首の凝りが誘因として多いです。

血行不良となると、十分な酸素や栄養が頭部の肌へ浸透せず、老廃物を運搬するリンパの流れも膠着状態に陥りやすいです。

その状況をそのままほったらかしにしてしまうと、

「頭部の肌環境が崩壊する → ヘア周期も崩れる→ 抜け毛が増加する → 次第に毛量が低減する → 地肌が透けて見えるほどの薄毛まで進出」

という、薄毛周期の流れを辿るポテンシャルが高度になります。

●冷え性のインフルエンス

女性に多い冷え性や低体温は、血管のコントラクションや血流のディレイにインフルエンスして、脱毛や薄毛進出のエレメントになっています。

また、冷え性は閉経期障害や月経不順などにもインパクトがあり、ホルモン均衡の乱れの誘因となりやすく、それも抜け毛の誘因となっています。

●肩と首の凝りのインフルエンス

「身体に凝りがある→血行不良」と言えるので、頭に近い肩や首が凝っている時は頭部への血の巡りも膠着します。(血行不良→抜け毛と薄毛の誘因)

また、長期間にわたって肩と首が凝り性の人は、それを不安がることによってテンションが滞留して行きます。

そのテンションがホルモン均衡の崩壊や自律神経不安定症候群などのファクターとなります。これも同様に、抜け毛と薄毛の誘引にもなります。

●イフェクティヴな措置方策は?

まず一番に誘因を解決することを プライオリティしましょう。

肩凝りがスゴイなら肩凝り解決の着想、冷え性ならその改良です。

とっくに抜け毛や薄毛が前進している時は、それらとリアルタイムで育毛剤を用い、ちょっとでもスピーディーにノーマルヘアサイクルに返上してあげましょう。

自覚して手足を温めたり、ストレッチ体操や揉み治療などで身体の凝りを和らげても、完璧に改善することはないのです。

格段、気温が低いウィンターシーズンは冷え性になりやすくスウィッチも低減するので、身体が血行不良になりがちに→頭部の肌への血の巡りも不良になります。

その状況をほったらかしにしないためにも、既に抜け毛が多い&薄毛が前進している際は、血液の循環を促す力が高度な育毛剤の使用をイチオシします。

続きを読む